テーマ:セリフ入りの歌

『瞼の母』 セリフ入りの、セリフありの歌

この歌は、昔から映画や芝居でおなじみの、長谷川伸・原作の股旅もの 「瞼の母」を題材にした歌です。 1991年に発売されたこの歌は、中村美律子の歌とセリフが人気を得てヒット しました。              「物語のあらすじ」 江州の番場宿生まれ、やくざ渡世の忠太郎は幼い頃、母親に別れたまま…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

『夫婦みち』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO6

                                                         河合美智子(オーロラ輝子) この歌は、1996年のNHKの朝ドラマ「ふたりっ子」の挿入歌として作られました。 先ごろまで放送されていた、NHK朝ドラの「だんだん」に主演していた、双子の 茉奈と佳奈の子役時…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

『花街の母』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO5

                「花街の母」が世に出たのは1973年、大阪地区限定の自主制作盤でした 民謡歌手として確立された地位を捨て、初めて出した流行歌がこの曲だった 所属事務所社長の夫が、知人の作詞家、もず唱平に頼んで詞を書いてもらい 夫と共に、何年かかろうと必ずこの歌を世に出そうと決意し、出来あがってきた…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

『浪曲子守唄』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO3

この歌は本来「泣ける歌」シリーズでアップの予定でした。 しかし、セリフがあるので、このシリーズにアップする事にしました。 一節太郎が1963年に出したデビュー曲で、あの独特の浪曲師の様な 渋い声が、歌に上手くマッチして大ヒットしました。 彼はこの歌で一躍スター歌手の仲間入りをしましたが、結局これ一曲だけで …
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

『ああ.上野駅』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO2

                  この歌は、最初は「泣ける歌」シリーズでアップする予定の歌でした セリフ入りの歌には何故か、泣ける歌が多いのです。 私は3番の歌詞「ホームの時計を見つめていたら、母の笑顔になってきた」 と言うところで、泣けてしまいます。 そこまで歌うと、集団就職で東京に出てきた若者たち…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

『竹とんぼ』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO1

歌謡曲にはセリフが入ったヒット曲が沢山あります、私も好きな曲があるの ですが、流石にセリフは、歌詞の様にメロデイーが付いてないので、私のような 素人にはなかなか難しいものです、歌の上手な人は素人でも沢山おられますが セリフを歌と同じ様に上手く言える方は、極めて少ないですね、カラオケ喫茶 などでも、セリフ入りの曲を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more