アキのいちご・カラオケ悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋景の九州三名渓めぐりと高千穂・天ヶ瀬温泉へ行きました

<<   作成日時 : 2009/11/11 21:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

いつも家内との旅行は温泉への一泊旅行なのですが、中国、関西から中部、そして

東北方面が多いのですが、今回初めて九州に行きました、最近はバスのツアー

専門なのですが、大阪から新幹線で小倉まで行って、そこからバスでまわるツアー

で、43名の参加がありました。


小倉からの行程は→本耶馬渓の青の洞門を見学・・・・深耶馬渓で一目八景の

景観眺望・・・・九酔渓の景観を日本一の歩行吊り橋・九重夢大吊り橋から眺望

・・・・豊後三大温泉の一つ・天ヶ瀬温泉に宿泊

二日目→阿蘇・瀬の本高原の雄大な外輪山を眺望・・・・高千穂峡の峡谷美を堪能

・・・・菊池渓谷で美しい景観の渓流を散策・・・・新幹線小倉駅




無法松で有名な福岡県小倉から出発して、昔の炭鉱のあった田川市を通りました

田川は五木寛之の「青春の門」の舞台となった町です。

「織江の唄」 (小倉・田川)
http://91676035.at.webry.info/200905/article_17.html
                
画像

                     本耶馬渓      

画像

                     青の洞門

画像

                     青の洞門

画像

                   洞門の灯り取りの穴

画像

                   禅海和尚の石像

          
画像

                  日本一九重夢大吊り橋


最初に行ったのは、大分県の名勝「耶馬溪」にある菊池寛の名作「恩讐の彼方に」

で有名になった、競秀峰の「青の洞門」を見学しました、私はこの物語は子供の

時にマンガで読んで以来、感動的な話なので良く覚えていて一度訪ねてみたい

と思っていました。

実際の洞門は幅が2メートル位の狭いものでしたが、今はその横に自動車が通れる

ような大きな洞門ができていました。

それから、九酔渓の紅葉の景観を、高さ173m、長さ390mの日本一の大吊り橋

から眺望しました。

しかし、こんな大きな吊り橋でも、やはり少し揺れるので、怖くなって、途中で退き

帰しました。

「男の港」(大分鶴御崎)
http://91676035.at.webry.info/200906/article_3.html




その日は天ヶ瀬温泉に泊まり、翌日は宮崎県の「高千穂峡」に行きましたが

今回最も行きたかった所でしたが、カメラの調子が急に悪くなって、肝心の写真が

一枚も録れず残念でした。

時間がないので、渓谷のボートにも乗る事ができませんでした、又機会があれば、

再度行ってみたいと思いました。

この高千穂峡の写真は借り物です。

画像

                     高千穂峡

それから熊本に入り阿蘇の外輪山を回って、紅葉で有名な「菊池渓谷」に行き

ました、紅葉は少し盛りを過ぎていましたが、真っ赤な紅葉が渓谷を埋め尽くす

様に散っていて、それは見事な景観でした。

画像


画像

                     菊池渓谷

「火の国の女」 (肥後・菊池)http://91676035.at.webry.info/200905/article_18.html



そして小倉から、又新幹線で大阪に戻りましたが、天候が良くて良い旅行でした。

「あばれ太鼓」 (小倉)
http://91676035.at.webry.info/200906/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な旅行でしたね
高千穂峡の写真幻想的で一番好きです
お疲れが出ていませんか?
また楽しい素敵な歌楽しみにしています
やまちゃん
2009/11/11 22:41
カメラの調子が悪くて、高千穂野写真が撮れていないのですか。
それは残念ですね。
直ぐに行けるところじゃないだけに、カメラの故障は勘弁して欲しいね。

それでも九州の渓谷の美を堪能されて、天気にも恵まれて良かったですね。
又の機会というものがあります。
楽しみはあとに取っておきましょう。
風の旅人
2009/11/11 22:50
おはようございます。
旅行いい思い出になりましたね。
高千穂峡はももこも行きたいスポットです。
どのお写真も素敵で、吊り橋の写真が1番好きです。
また歌も楽しみにしています。
ももこ
2009/11/12 06:22
いいですねぇ、新幹線で現地付近まで行ってそこからバスツァー。時間が随分節約できて、味の濃い旅行が楽しめますね。
「九重夢大吊り橋」はすごく雄大ですね。僕も一度行ってみたいと思っているんですよ。奈良県南にある谷瀬の吊り橋には行きました。あれでもちょっと恐る恐る渡りました。しかし、生活道路になっていて、向こう岸の人たちは、自転車やバイクで通っているというから、驚いたものです。アキさんも僕と一緒で、高所恐怖症ですね。
高千穂峡はいいとこですよね。もう一度行きたくなる場所です。あそこは、宮崎県でありながら、熊本県側から入る方が容易ですね。ボートに乗れなかったのは残念でしたね。かな?
菊池渓谷もいいとこですね。いい季節に紅葉三昧、羨ましい限りです。
さすがご当地ソングのアキさんですから、旅行に貼り付けられて・・・便利ですゥ。
しげ
2009/11/12 08:28
奥さんとの楽しい旅の様子、写真で良くわかります。
私も九州、最近では一昨年でしたか行ってきました。
このときは、福岡まで飛行機、そしてレンタカーを借りての気ままな旅でした・・泊まったのは福岡のホテルと黒川と別府の温泉宿でした・・
今でも印象に残っているのが、阿蘇の雄大な山並みと九重の大吊橋でしたね・・阿蘇の山頂では見物中、突然ガス発生、すぐ非難せよとの指示で慌てて車に戻ったものの、ちょっぴりガスを吸い込んでしまい、その後2時間ぐらい咳き込んで車を運転しましたよ・・大吊橋はへっぴり腰で向こう側まで渡りましたよ・・向こう側にもお茶屋さんがあって、汗をかいたのでコーラを頂いてまた橋を戻ったことを思い出しました。
思い出を蘇えらせていただきました。
再び「織江の唄」で感動が蘇えりました。
有難うございました。
あおいレイ
2009/11/12 11:51
アキのさん、素晴らしい写真ですね…
日本一九重夢大吊り橋これなんか凄いですね
高さ173mで長さ390mなんて
一度渡ってみたいな〜九州はまだ行って
ないのでそんな景観見たくなりました。
日本中の温泉めぐり奥さんといいですね…
健康でなければ行けないので暇をみて
行きたいと思ってます。
素晴らしい旅行記録有難うございます。


コスモス1
2009/11/13 04:51
やまちゃん。

高千穂峡は借り物の写真で、カメラの具合が悪くて残念でした、次回は必ず録りたいと思っています。
アキのいちご
2009/11/14 13:57
風の旅人さん。

私は旅行に行っても、あまり風景は撮らずに、記念の写真ばかり撮っていましたが、最近、私や家内が映っていない、風景の写真も興味を持つようになって来ました、それだけに高千穂峡は残念でした。
でも紅葉が綺麗で、良かったです。
アキのいちご
2009/11/14 14:00
ももこさん。

是非、高千穂峡には機会があれば行かれると良いでしょう、私も、もう一度行きたいくらいですからね、
でも、あの吊り橋は大きな吊り橋ですが、やはり良くゆれましたので、怖かったです、ももこさん渡れるかな?
又、歌もアップしますので、宜しく。
アキのいちご
2009/11/14 14:05
しげちゃん。

谷瀬の吊り橋、私も行きましたが、揺れて下が見えましたので、怖くなって途中で戻りました、今度は大きいので大丈夫と思いましたが、やはり揺れました。
高千穂峡は良い処ですね、しげちゃんも行かれたようですが、もう一度行ってボートに乗ってみたいです。
アキのいちご
2009/11/14 14:12
あおいレイさん。

レイさんも九州へ行かれたのですか、阿蘇はバスの車窓からだけでしたが、高校の修学旅行以来で懐かしく思い出しました、外輪山からの眺めは雄大で素晴らしい眺めでした。
レイさんはガスの噴火でたいへんな時にいかれましたね。
吊り橋は向こうまで渡り切られたのですね、流石ですね、私なんか、怖くなって半分も行かないうちに戻りましたよ。
でも天候に恵まれて、良いバス旅行でした。
アキのいちご
2009/11/14 14:20
コスモスさん。

旅行は元気なうちにと思っていますので、なるべく今のうちに行こうと思っています、九州は家内とは初めてですが、天気も良くて幸いでした。
吊り橋は大きくて、沢山の観光客が渡っていましたが、やはり少しは揺れるので、怖くなって向こうまではいけなかったのですが、コスモスさん渡れますか?
アキのいちご
2009/11/14 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋景の九州三名渓めぐりと高千穂・天ヶ瀬温泉へ行きました アキのいちご・カラオケ悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる