アキのいちご・カラオケ悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『下北漁港』 海の男鳥羽一郎が歌う郷愁の男歌 ご当地ソング/青森県下北

<<   作成日時 : 2009/11/23 13:27   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

この歌は1984年、鳥羽一郎5枚目のシングルとして発売された歌で大海原

を相手に働く漁師の心意気を、郷愁の入り交ざったメロディーで歌っています。

画像


鳥羽一郎は、三重県鳥羽市の漁業の盛んな町で、漁師の父と海女の母の間に

産まれ、荒波にもまれ潮風に鍛えられながら幼少時代を過ごしました。

少年時代には、両親の手伝いをしながら、自慢の喉を慣らし歌手への夢を

抱いていました。

10代で心身を海で鍛えることを決意し、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋

までマグロやカツオを追う生活をしていましたが、5年に及ぶ漁師生活では

「別れの一本杉」「なみだ船」など船村徹の作品を愛唱し、その後、陸に戻り板前

の修業をするが、歌手への思いは強くなり、歌手になるべく上京した弟・山川豊の

成功に触発され、27歳の時、カツオを片手に上京、憧れの船村徹の内弟子と

なります。

3年間修行を積んだ後、出身地にちなんだ芸名「鳥羽一郎」の名で「兄弟船」で

デビューを果たし、NHK紅白にも出場します、その後この「兄弟船」は紅白で

7回歌っていますが、今まで一番多く歌われた曲と成っています。






 『下北漁港』  
    歌 鳥羽一郎  作詞 星野哲郎  作曲 船村徹




歌詞 http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=2457




おまけ
  「男の港」  鳥羽一郎

  http://91676035.at.webry.info/200906/article_3.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
連日、南へ北へとお疲れ様です・・東北は広いですからね・・
鳥羽一郎より弟山川豊の方がデビューが先だったのですか・・
この曲は鳥羽の初期のころなのですね・・海鳥の鳴き声などが挿入された哀愁すら感じるいい歌ですね・・
今日もいい歌を聴きました。
有難うございます。
あおいレイ
2009/11/23 15:34
やっぱり凄いですね いちごさん。
普段は、発声練習してるのですか?
毎日、唄ってたらこんなに声が出るようになるのでしょうか。あはは^^;;なんて質問してるんでしょね^^;;今日もありがとうございました。
みゅ〜
2009/11/23 17:03
アキのさん〜
この様な演歌似合いますね〜
腹の底からドーンとこれぞ男の唄だ
そんな気がします…わたしには無理です
やはり自分に合った歌を唄います〃
素敵でした。
話しは違うが関西の方では七五三の
お宮参りに眉の上おでこに墨を塗ると
言う話しは本当でしょうかね…
コスモス1
2009/11/23 18:36
アキの兄ちゃん!鳥羽一郎の歌良いですね!
兄貴の貫禄充分です
それじゃ〜俺は、山川豊の歌でも唄いましょうか
少し前唄っていたのですが・・最近唄わなくなってしまったので・・少し忘れ気味
年明けから、少し練習してみます!
兄貴!宜しく!
やまちゃん
2009/11/23 21:39
知ってるような知らないようなそんな感じの歌ですが、味のあるアキのいちごさんの歌、気持よく聴かせていただいてます。
お宮参りの時京都では赤ちゃんの額に、男の子なら「大」女の子なら「小」って書きます。
日本全国そうだと思ってましたが、違うんですね。
ももこ
2009/11/24 07:06
マンマ「兄弟船」だけは知っていました。
大海原を相手に、日々格闘する海の男というそのままの歌手ですよね。
お久しぶりです。
威勢の良い、貫禄あり、のアキさんで、
聞き応え充分でしたよ〜〜。


マンマ
2009/11/25 15:41
あおいレイさん。

何時もコメント有難うございます。
鳥羽の歌はどちらかと言うと苦手なのであまり歌わないのですが、この歌は海の男の唄ですが、少し哀愁があって好きな歌です。
アキのいちご
2009/11/26 12:41
みゅ〜さん。

お忙しいのに来て頂いて有難うございます。
声をお褒め頂いて嬉しく思います、でも趣味で気ままに歌っているので、発声練習などはしていませんが、週に2回くらいは、カラオケ喫茶か、ヒトカラで歌っていますが、声は流石に衰えてきています。
いつも有難うございました。
アキのいちご
2009/11/26 12:45
コスモスさん。

いつもコメントを頂いて有難うございます。
この歌は私も苦手なのです、男っぽい歌は苦手ですね、ですから滅多に歌いません。

七五三の風習は私も良くは知らないのですが、後の、ももこさんのコメントで京都では、その様にするらしいですね、私のところは、簡素に済ませましたので、知りませんでした。
アキのいちご
2009/11/26 12:50
やまちゃん。

いつも来て頂いて有難うございます。
男歌やまちゃんにはお似合いと思いますよ。
山川豊楽しみにしていますよ。
アキのいちご
2009/11/26 12:52
ももこさん。

いつもコメント有難うございます。
この歌は少し哀愁があるので、好きな歌です。

七五三、京都ではその様にするのですか、聴いた事はあるのですが、知らなかったです、私のところは簡素にしましたので、なにもしなかったです。
アキのいちご
2009/11/26 12:55
マンマさん。

お久しぶりです、お仕事、お孫さんの世話と大変でしょうね、無理をしないように、頑張ってください、お暇ができたら、また歌も宜しくね。
アキのいちご
2009/11/26 12:59
鳥羽一郎・・男!って感じですよね〜
アキのさんのこの歌は男臭さよりも、海の雄大さや波・・などの情景を思い浮かべます。
素晴らしいですわぁ〜〜〜
ゆりこ
2009/11/27 10:21
私も鳥羽一郎の【兄弟船】しか知らないですが、歌詞に漁師の生きざまみたいなものが感じられ、こういう曲好きです^^
私には歌えませんが、いちごさんの歌われる男歌いつも惚れ惚れと聴かせていただいてます^^
音流
2009/11/27 12:03
ゆりこさん。

お褒め頂いて有難うございます、私はあまり男臭さがないほうなので、こんな歌は苦手なのですが、海の情景が浮かんだのなら、嬉しいですね、いつも有難うございました。
アキのいちご
2009/11/28 15:51
音流さん。

そうですね、音流さんには男歌は似合わないかもしれないですね、やはりムードのある少し艶っぽい曲が音流さんには、お似合いでしょうね。
何時も嬉しいコメントを有難うございました。
アキのいちご
2009/11/28 15:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
『下北漁港』 海の男鳥羽一郎が歌う郷愁の男歌 ご当地ソング/青森県下北 アキのいちご・カラオケ悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる