アキのいちご・カラオケ悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ああ.上野駅』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO2

<<   作成日時 : 2009/08/15 13:21   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 20

            
画像
     


この歌は、最初は「泣ける歌」シリーズでアップする予定の歌でした

セリフ入りの歌には何故か、泣ける歌が多いのです。

私は3番の歌詞「ホームの時計を見つめていたら、母の笑顔になってきた」

と言うところで、泣けてしまいます。

そこまで歌うと、集団就職で東京に出てきた若者たちの厳しい現実と労苦

そして、故郷の母を懐かしむ心情が、心に沁みてきて胸が熱くなります

この歌は、最初発売の時はセリフはなく、井沢八郎自身がテレビの歌番組に

出演中、父親の訃報が入り、とっさに即興で入れたのが好評だったため

その後発売のレコードに追加されたそうです。

           
画像
   

東北地方からの集団就職者の愛唱歌としても知られるこの「ああ上野駅」は

1964年にリリースされ、爆発的なヒットとなリ、戦後の歌謡曲の歴史に残る

名曲として位置付けられています。

集団就職で上野駅に降り立ち、東京で生活を始めた若者の心情を歌った歌です

が、集団就職とは、地方の中卒者が東京など大都市の工場や商店に集団で

就職したことを指します。

集団就職が行われた時期は、高度経済成長期と重なり、中卒者は「金の卵」と

もてはやされました。

しかし、それは採用側からの表現にすぎず、ブルーカラーとしての労働は厳しい

うえに低賃金で、中途離職者も少なくありませんでした。

北海道・東北からの集団就職者は、そのほとんどが上野駅で降り、雇い主に

引き渡されました。

家族との別離、新しい生活への期待と不安、東京の文物への驚きなどは

すべて上野駅のイメージと結びついていました。

ふるさとのなまりを聞きに来た啄木の昔から、北海道・東北出身者が東京で経験

する成功も挫折も、すべて上野駅から始まったのです。

以来、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の糧となり、又人生の

応援歌として歌い続けられています。

かって集団就職で上京し、東京に定住された人を中心に寄付が集まり、この歌の

歌碑が駅の一角に建立され、集団就職経験者を始め昭和30年代〜昭和40年代

にかけての高度経済成長時代を生きた、多くの団塊世代と呼ばれる人々の想い

と共に、永くこの歌が刻まれることになったのです。

                
画像






  セリフ

 「父ちゃん 僕がいなくなったんで
    母ちゃんの畑仕事も大変だろうなあ、
    今度の休みには必ずかえるから、
    そのときは父ちゃんの肩も、母ちゃんの肩も、
    もういやだって言うまでたたいてやるぞ、
    それまで元気で待っていてくれよな」





 『ああ上野駅』  
        唄 井沢八郎  作詞 関口義明  作曲 荒井英一





 歌詞  http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ集団就職世代ですが、残念ながら就職先は大阪だったのでこの曲のように上野駅への郷愁はありません。

でも気持ちは凄く分かります。
九州や四国方面からやってくる就職列車は、大阪駅で降りるものそのまま名古屋や東京に向かうものがいました。
この歌が人生の応援歌として多くの人の支持を得て、歌碑が建てられたのは皆さんの励ましになりますね。
風の旅人
2009/08/15 15:07
今日は一番乗りですね。
私はこの歌は歌いませんが好きな唄です。
新曲をあまり知りませんので、そろそろ懐メロ専門のアップになりそう。候補曲に入れさせていただきます。
アキのいちごさんの歌は本当にソフトに歌うのですが、ソフトの中に力強さを  感じる不思議な歌い手  さんです。
お声からも良い人柄が忍ばれます。多くのファンがいるのもそのためでしょうね。
私は何しろ負けず嫌い、勝気、そして涙もろい。
喜怒哀楽の激しさでは負けまんよ。 
自慢になりませんね...笑 
この歌もとてもいい感じで歌っています。
これからも良い歌沢山聞かせてください。

2009/08/15 15:20
コメント書いているうちに2番手になっていました。

2009/08/15 15:22
残暑もあといく日でしょうか。
この歌はよく くちずさんでいて、
なじみの歌・昔はただ楽しくて
最近は懐メロも、時代背景などや、親兄弟との
思い出など、かみしめながら聴いています。

natuko
2009/08/15 16:41
風の旅人さん。

私は生まれてからず〜と大阪でしたので、その経験はないのですが、集団就職の方たちは、随分ご苦労された事と思います、まだ中学を出たばかりの若い方ですものね、ふるさとのお母様のことを思ったりされた事でしょう、そんな気持ちで歌っていると何時も泣けます。
有難うございました。
アキのいちご
2009/08/15 21:53
将さん。

聴いていただき有難うございます。
そして嬉しいコメント有難うございます。
将さんは演歌でしたね、この歌は歌謡曲調の演歌ですが、井沢の高音は私には本当は少し無理があります、将さん歌ってみてください、きっと合うと思いますよ。
アキのいちご
2009/08/15 21:58
natukoさん。

暑い日が続いてますね、お元気にされてますか、今年は地震やら大雨やら異常気象の夏ですね。

この歌は昔良く聴かれた事でしょうね、私も昔から好きな歌でした、上の駅に歌碑まであるヒット曲で、最近は歌うといつも泣けてきます、歳です。

何時も沢山の歌に気持ち玉を頂いて有難うございます。
アキのいちご
2009/08/15 22:05
こんばんは!
今日は私の手違いで、ご迷惑をお掛け致しました。
アキのいちごさんもご訪問頂いた様ですからお分かりだと思いますが、先生してます(*_*;
よろしくお願い致しますm(__)m
カズ
2009/08/16 19:28
集団就職、マンマには縁がありませんが、みんなほんとに大人でしたね。歌碑が立てられる位なので井沢八郎さんも嬉しかったでしょうね。アキさんの歌もとても、気持ちが伝わります。
マンマ
2009/08/17 06:52
この歌を耳にするたびに、故郷を懐かしく思い出す方も多いでしょうね。
特に母親の存在は大きなものですね。
神奈川に住む息子の事、思いだしながら聴かせていただきました。

ももこ
2009/08/17 10:24
東北の片田舎出身の私が中学を卒業の時
進学組と就職組はざっと半分半分でした。
そんな時代だったのですね。
ですから当然、集団就職した者もいました
後に、同級会に東京から胸を張って参加
した者もおりました。
今思うに、その時もっと成功を祝い賛辞の
言葉をかけてやれば良かったと悔やまれます
何となくほろ苦い思い出です。
あおいレイ
2009/08/17 17:18
カズさん。

迷惑なんかしていませんよ、いつもコメントいただいて感謝しております、「酔歌」良い歌ですね、私も何時かアップしたいです。
パソカラも良いですね。
アキのいちご
2009/08/17 21:39
マンマさん。

わたしも、集団就職は縁がありませんが、一人家族から離れて、ふるさとの母を思い出す、この歌の主人公の気持ちを思うと、哀しくて泣けてきます、私には母はもういませんが、母を想う気持ちは今も変わりません。
「おふくろの子守唄」良い歌ですね。
有難うございました。
アキのいちご
2009/08/17 21:50
ももこさん。

ももこさんの息子さんも、神奈川にお住まいですか、私の長男も今は、神奈川に住んでいて孫が二人います、先月末も、孫の顔を見に行きました、ご縁ですね。
何時も有難うございました。
アキのいちご
2009/08/17 21:54
あおいレイさん。

こんばんは、レイさんのお友達にも、集団集職された方はいらしゃる様ですね、なれない東京でご苦労された事でしょう、でもあの時代は、そんな方が沢山いらしたのですね、何時もこの歌を歌うとその労苦が偲ばれます。

有難うございました。
アキのいちご
2009/08/17 22:04
またまたびっくりしています!
アキのいちごさんがお孫さんと一緒に行かれている時でしょうか・・私もこの曲をアップしているのです
撮っても好きな曲で、
来年は、この曲で行こうかって、『かずおじちゃん』と話していたところなのです
あぁ から始めるので、のど自慢予選会ならトップバッターでしょう
それに55歳の学生服って云うのも・・(いけねぇ〜その時は56歳だ〜)良いかなって
弟の学生服は、1月23日 
唄は、7月28日だよ!
聞いてやってよ!
やまちゃん
2009/08/18 07:08
僕は、西の方の住人ですから、上野駅にはそれほど思い入れがありません。しかし、上野駅は昔から、北の玄関だったですから、まずとりあえず、皆さん上野駅で列車を降りて、だから上野駅も周辺も賑やかでした。今は、すべて、東京駅に集結してますから、上野駅の周りはどうなってるんでしょうか。島に橋が架かると港は寂れます。きっとそれと同じなんでしょうね。
『ああ上野駅』井沢八郎の大ヒット曲でしたね。この歌も、時代とともに風化して行くんですかねぇ。淋しい限りです。 
しげ
2009/08/18 11:28
やまちゃん。

私は、この前の予選会は「吾亦紅」でトリで歌いましたから、実はこの次に出るときは、この歌でトップで歌って、予選会でトップとトリを歌った出場者と言う記録を作ろうと思っているのです、ギネス級の記録と思いませんか?
面白いでしょ。
アキのいちご
2009/08/19 22:36
しげちゃん。

有難うございます。
私も上野駅はあまり馴染みがないのですが、あの時代の方には方には、忘れられない駅なのでしょうね、でも時代が変わればやはり、風化して行くでしょうね、寂しいですね。
アキのいちご
2009/08/19 22:39
それは凄い!
俺は、ただ一番最初なら上がらないかなって思っただけで・・
やってみてくださいよ!
楽しみにしておきます
じゃ〜俺は曲を変えようっと・・
やまちゃん
2009/08/20 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ああ.上野駅』 セリフ入りの、セリフ抜きの歌・・・NO2 アキのいちご・カラオケ悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる