アキのいちご・カラオケ悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「京都から博多まで」・阿久悠 詩の世界・・NO7

<<   作成日時 : 2009/04/30 18:25   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14



画像



ご存知、宇多田ヒカルの母親「藤圭子」さんの歌です、藤さんは1969年に

「新宿の女」でデビュー、その独特のハスキーボイスとドスの効いた歌唱で

人気を得ました。

1971年には人気歌手の前川清と電撃結婚しましたが、翌年に離婚しました

その年にリリースされたのがこの歌で、その年のNHK紅白でも歌っています

阿久悠が初めて藤圭子に提供した曲です。


画像







『京都から博多まで』  唄 藤圭子  作詞 阿久悠  作曲 猪俣公章  
 



 歌詞  http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=1607
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
アキさん、京都から博多まで来てもらってありがとうございます。
マンマ
2009/04/30 23:21
こんにちは 向こうにコメント頂きありがとうございます、4日ほど仕事で北海道は札幌に行っていましたお返事遅れてすいません、今回も名曲を見事にいちごさんらしく表現されていて聴き入ってしまいました、博多は行った事ありませんが京都は仕事でたまに行きますよ、また立ち寄らせて頂きます、素敵な歌を有難う御座いました。
えれじぃ
2009/05/01 00:11
唄はいつもながら素晴らしいが、そり前段の事柄良く調べますね…〃(赤く咲くのはケシの花)圭子の夢は夜ひらく、この曲は良く知っていますよ。ギターで練習しました。又聴かせて下さい。
コスモス1
2009/05/01 05:08
藤圭子〜〜思い出しました。
綺麗な方で 幼い私は(笑)あこがれましたよ〜(^^♪
髪型を真似して おかっぱスタイルも…←時代でしょうか(^m^*)プッ
聴かせていただきました。ありがとうございます
さつき
2009/05/01 07:49

しぶいって感じです!
Jhon
2009/05/03 07:48
マンマさん。

九州地方をテーマにした歌はたくさんありますね、私のレパートリーの中にも沢山ありますのでまた、歌ってみたいと思います。
有難うございました。
アキのいちご
2009/05/03 12:03
えれじぃさん。

お久しぶりです、あちらでは頑張ってられますね、私もこの頃はあまり行かないのですが、何時もながらの素晴らしい歌を聞かせていただきました、お仕事お忙しいようですね、又寄らせて貰います、来ていただいて有難うございました。
アキのいちご
2009/05/03 12:08
藤さんの歌はヒット曲が多いですね、最近はあまりテレビでは見なくなり、代わりに娘さんが活躍していますね。
有難うございました。
アキのいちご
2009/05/03 12:23
さつきさん。

そうですね、おかっぱ頭にしていましたね、そして綺麗でしたよね、私も好きな歌手でした。
何時も有難うございました。
アキのいちご
2009/05/03 12:27
Jhonさん。

来ていただいて有難うございます、あちらの方へも聴きに行かれたり、大変ですね、早くJhonさんの歌聴かせてほしいです。
有難うございました。
アキのいちご
2009/05/03 12:31
こんにちわ。とあるサイトからこちにお邪魔しました。丁寧で優しい歌い方で、何度も何度も聞いてしまいます・・・ありがとうございました。
さち
2009/05/10 19:29
さちさん。

拙い歌を聴いていただき嬉しく思います、さちさんはお歌いになられないのですか、歌われるなら、聴かせていただきたいと思います。
嬉しいコメントを有難うございました。
アキのいちご
2009/05/10 22:02
こんにちわ。コメントありがとうございます。平日は働いており、土日はボランティアをしていて聞くほうが専門になってしまいました(笑)前は”異邦人”やテレサテンさんの”空港””愛人”百恵さんの”パールカラーにゆれて”など好きで歌ったりしていましたが・・・なんだか久しぶりに歌いたい気分です。
さち
2009/05/14 22:20
さちさん。

私も空港と愛人は歌う事があります、私は歌いたくなったら、一人で近くのカラオケボックスに行って4時間くらい歌います。
独りで行くのを「ヒトカラ」と言うのだそうですが、この頃は増えているそうですよ、さちさんも一度挑戦されては如何です。
アキのいちご
2009/05/16 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「京都から博多まで」・阿久悠 詩の世界・・NO7 アキのいちご・カラオケ悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる