アキのいちご・カラオケ悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣けて歌えなかった「吾亦紅」との出会い・・・・ NO2

<<   作成日時 : 2009/02/18 20:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

画像


                 
                    
画像
 
                     吾亦紅

「吾亦紅」を初めて聴いたのは、カーラジオの歌番組でした。

運転をしながら、何気に聴いていたのですが、聴いた事の無い

素敵なメロディーの歌が流れてきたのです、耳を傾けて聴いていると

なんとあの「すぎもとまさと」の歌声でした、まさに琴線に触れた歌

でした。

翌日、早速カラオケボックスに行きましたが、曲名が分からないので

歌手名で検索して、すぎもとまさとの歌を全て聴いていけば分かる

だろうと思い検索したところ、すぎもとの曲は1曲しか入っていません、

仕方なく曲を聴いてみました、するとあの聞き覚えのあるメロデイーが

流れてきたのです。早速記憶を頼りに歌い始めましたが、ワンコーラス

歌わないうちに、胸が熱くなり、声も出なくなり涙が溢れてきました、

気を静めて再度歌いましたが、今度は声を出して号泣してしまいました。

涙がとまりません。何故こんなに涙がでるのか分かりませんでした。

3回目も同じで、結局その日は歌わずに帰りました。

しかし、それから10日くらい後に、カラオケ喫茶で最後まで泣かずに

歌うことが出来ました。

「吾亦紅」発売日の3日前のことでした。







「吾亦紅」 
    唄 すぎもとまさと   作詞 ちあき哲也  作曲 杉本眞人








「吾亦紅」にはもう一つ、忘れられない思い出が有ります、またこの次に・・・

 歌詞  http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=58223
     








◆メール便は送料無料◆ すぎもとまさと/吾亦紅(われもこう) 【オリコンチャート調査店】
サウンドエース
吾亦紅(われもこう)【収 録 曲】DISC1(CD)01. .吾亦紅02. ハートブレイク・ダンディ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
この曲は本当に凄いブレイクしましたねえ〜。
作詞家のちあき哲也さんが10年以上も前に、すぎもとさんの為に作詞されたと聞いています。
すぎもとさんのお母さんが亡くなったときなんですって。もう去年の話ですが”すぎもとまさと”コンサートへ行ったとき、丁度隣にすぎもとさんそっくりの従兄弟さんが座っておられて色んな話を聞きました。
すぎもとさんのお母さんはそれはそれはいいお母さんだったんですって。”あんないい人は居ない”ってその従兄弟の方が言ってました。誰にもある母親への詫び・・
多分、アキのいちごさんもお母さんのことをふっと思い出されたんではないですか?しかしいい歌ですよねえ〜。いつもすぎもとさんがおっしゃるように「この歌がこんなにヒットするとは思わなかった」って言葉、何度聞いてもすぎもとさんらしくて好きです。
アキのいちごさん、しっかり感情込めて唄ってますね!
ウマイウマイ ""ハ(^▽^*) パチパチ♪です。
さよちん
2009/02/18 22:28
早速アップされましたね。いつも丁寧で、聴いている人に伝えようとするアキさんの歌声、聞き惚れてしまいます。
「吾亦紅」、私の記事にもお越しいただき有難うございました。アキさんの言われるとおり、心に染みいります。母親への不義理を思い浮かべて、突然涙で歌えなくなるときもありました。。。
母親は私が大学を出る3月に逝ったんです(48歳)。辛かったですが、若い時分には「おふくろさん」で、亡き母を思い、懐かしんでいました。
「吾亦紅」は、、、何なんでしょう、ひと年もふた年もしたからかなぁ、私には悔しいくらい本当にいいタイミングの琴線に触れる歌でした。
shige
2009/02/19 10:20
さよちんさん。

来て頂き有難うございます。
私も母は、この世で一番大切な特別な存在でした。
亡くなってから20年位になりますが、そんなに親不幸はしていないつもりですが、孝行のまねごとが出来ていたか、今でも悔いが残っています。
この歌を歌うとそんな想いが出てくるのでしょうか、
忘れられない歌になりました。

お褒め頂き有難うございました。
アキのいちご
2009/02/19 20:18
しげちゃんさん。

聴いていただき有難うございます。
お母様は若くしてお亡くなりになられたようですが、
お辛かったことでしょうね。
私の母も66歳で逝きましたが、それ迄の人生で一番の衝撃でした。
だから母を歌った歌には今でも弱いのです。

それにしても、杉本眞人は琴線に触れる良い曲つくりますね。
アキのいちご
2009/02/19 20:33
いちごさんのブログはとても興味深く、
また感受性の凄さや物知りなのでいつも驚きます。
勉強になりますね。
natuko
2009/07/06 20:38
natukoさん。

この歌はあちらにもアップしていましたが、最近の曲では一番好きな歌なので、こちらにもアップしました、来て頂き有難うございました。
又、他の多くの曲にも気持ち玉を頂いて有難うございました。
アキのいちご
2009/07/06 23:11
いちごさん こんにちは〜♪
ご無沙汰しています。吾亦紅はいちごさんの声にピッタリの曲だと思いました。
ほんとに、琴線に触れる名曲ですね。
しっとりと歌われていて素晴らしいと思います。
素敵な歌唱、有難うございました\(^-^)/~~~♪
たびぃ
2010/09/19 14:43
いちごさん、こんばんはー

久しぶりのコメントです。
とても素敵に唄われてますねー
私も練習しているのですが・・・(^_^ ;)
いちごさんのようには唄えませんねー
双子のデュエットで、上手く聞こえないかなーと
考えていますが・・・ (^_^ ;)
吾亦紅の、うんちく、色々とあるのですねー
知りませんでした、とても参考に成ります。
私も母を数年前に亡くして、親孝行、出来ていたか、
疑問が残ります、やっぱり母は偉大ですよねー
有り難う御座いました。
 misaki
misaki
2010/09/19 22:32
私も大好きな歌です。
妻としてこの歌を聴くよりも、母としてのほうが、しみじみと聴くことができますね。
うちの長男も・・こんな思いでいるのだろうかと^^;
少なからず、男の子はそんな心情になるのでしょうね〜
アキのさんの歌声は気持ちがいいですね〜〜
ゆりこ
2010/09/24 12:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
泣けて歌えなかった「吾亦紅」との出会い・・・・ NO2 アキのいちご・カラオケ悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる